管理人が積極的に服用しているマカとニンニクの精力剤・サプリメント体験談

精力剤・サプリメント体験談 にんにく

精力剤としてのマカ

実際に管理人が服用しているマカについて個人的な感想を書いてみました。

同じような悩みを持つ人の参考になれば幸いです。

私が利用している精力剤はマカです。

精力剤としてのマカ

よく飲むのはコンビニでも置いてあるマカの元気です。

マカを飲んだ後は何だか体かぽっぽぽっぽしてきます。

下から上に、体の中で上昇気流が発生したような気分になります。

マカを飲んだ後は夜中の3時頃まで彼女を寝かせません。

やってもやってもギンギンです。

若さなのか、マカなのか、少なからずマカの高価があると思っています。

マカは精力剤の歴史としても古く、2,000年以上前から人類はこれに精力を求めています。

精力剤で何かいいものは無いかと考えている人に、私も上記の効果を体感してはいるものの、プラシーボが大きく影響していると考えます。よって利用するならマカでもなんでも良いのですが、一定間隔で継続して同じものをあるいは同じ成分が入っているものを利用する事をお勧めします。

200円程度の清涼飲料水を飲んだだけで体が劇的に代わることはないです。
カフェインで少しからだが覚醒するだけで。
むしろ栄養ドリンク1本で体に激変があるならそれはコンビニでは売れない指定医薬品となるでしょう。

だけれどもプラシーボは結構重要で、病は気からという言葉があるように、精力も気持が大きく精神が大きく関係していくので、これをのんだら俺はがんばれると強く思い込むことと、継続して服用すること、これが精力剤を使用する上で大事なことであります。

精力剤としてのにんにく

続いて、管理人が本当に疲れたときに摂取するのが「にんにく」。

精力剤としてのにんにく

元々は虚弱体質だった幼少期の私を見かねて祖母がスープや味噌汁、食材に混ぜて食べさせたのがそもそもの始まりでした。

当時も高価だった朝鮮にんにく?と教えこまれましたが今になって思うと多分にプラシーボ効果だったと思います。

そんな経験から管理人はどうしても疲れがたまる時はにんにくを今でも食べるようにしています。

そんな管理人のにんにく体験談を御覧くださいw

私は、若い時はそんなに疲れについて、考えたこともなかったのですが、最近では仕事が終わると早く寝たいと思うようになり、困っていました。

それは、年と共に、体の疲れがたまりやすくなってきたと感じることが多くなったのです。

そしてもっとはつらつとした気分で働きたいのに、体が重いのでそのような気分で働くことができないと思うようになってきたのでした。

しかし、仕事をやめることはできないので、滋養強壮のために食事で元気を取り戻すことにしました。そして、その食事の中で取り込もうとして食材として、にんにくを選んだのです。

にんにくは、その匂いが強烈ということもあって、食べることを控えていたのですが、体の衰えに対して、やっぱり必要と思って、匂いに関係なく食べることにしたのです。

すると、食べ始めてからは体の重さを感じることが少なくなりました。それは、仕事が終了して自宅に帰ってきた時、食事を作ったり、掃除をすることが苦痛と思わなくなってきたのです。

そして食べ続けていると、朝の目覚めがよくなってきました。
そして便秘も解消されたのです。 そのことから、とても体が軽くうごくことが出来るようになり、やっぱりにんにくは最高の食材であると、感じています。