チントレで大きくする方法:ジェルキングとミルキング・効果が出るまでの期間

チントレ

ペニスの大きさにコンプレックスを持っている方は多いと思います。

日本人の平均の長さは13cmと言われていますが、それより小さくて恥ずかしいという人、またはもっと大きくしたいという人のために、ここではペニスを大きくする方法を書いていきます。

チントレの種類

ジェルキング

まずはジェルキングというトレーニングです。
やり方は、まずローションを塗り、ペニスの根元を人差し指と親指で握ります。
力加減は少し強めにしますが、強すぎると怪我の原因になるので注意が必要です。
そのまま上へとスライドさせ、先の方へ血液を送っていきます。
亀頭までスライドさせたら反対の手を同じように根元にセットし上へとスライド。
それを繰り返します。

ミルキング

もう一つはミルキングといいうトレーニングです。
こちらはローションはいりません。
まず親指と人差し指で根元を握ります。
この時の手の形は逆手、つまり小指がペニスの先にある状態です。
そのまま根元を握った形で中指、薬指、小指と順番に握っていきます。
牛の乳を搾るようなイメージです。
そうすることによって先へと血液が送り込まれ、増大効果が見込めます。
こちらはジェルキングよりも負荷が高いため、やりすぎにはより注意が必要です。

このような薬などを使わずに大きくする方法は長期的な継続が必要となります。またたくさんしすぎると怪我や障害の原因になることもあるので、無理をして傷つかないように行ないましょう。また、血液が回りやすいように完全な勃起になっていない状態で行ないましょう。

チントレの効果が発揮するまでにかかる期間

チントレとは、ペニスのサイズアップを目的としたトレーニングのことで、これをサポートするためのサプリメントやエクササイズなどが考案されています。

ただし、非常にデリケートな部分を対象としているので、情報公開という部分においては必ずしも十分には行われていません。

このために、効率的にチントレを実行するためには、適切な情報収集が必要となります。

この際に非常に貴重な参考となるのが、実際にチントレを実践した人による口コミです。

口コミとは口頭で行うコミュニケーションという意味の言葉で、利害関係がないということが重要なポイントです。

つまり、ありのままの状態を反映しているということであり、目にする機会が少ないサービスを体験する場合には、利用価値は非常に高くなります。

チントレに関する口コミの中には、実践した人にしか分からない様々な内容が記されたものがあります。

効果が発揮するまでにかかる期間や、途中で気になったポイントなどの知りたい情報を見つけることが可能です。

ただし、体質や感情には個人差があるので、全ての人に同じ効果があらわれるというわけではありません。

特に、期間については個人差は大きいので、全てを鵜呑みにして失望する必要はありません。

チントレ 体験談

毎週2回、入浴時にジェルキングを実践して大きくなるように鍛えています。
使用しているのはベビーローションで、指で輪っかを作って前後にマッサージするだけというのが簡単で気に入っています。
この方法を実践するまでは彼女から小さいと言われるほど情けないものでしたが、約5ヵ月間実践したことで以前よりも1.5倍ほどの大きさに成長して彼女も喜んでくれました。
まだ大きいと言えるほどではないので、今後も続けていきたいです。
かなり早漏の部類に属しているので、彼女から文句を言われることが多いです。
そんな自分から脱却すべく、最近ではミルキングを使ってチントレに励んでいます。その名前の通り乳牛の乳搾りをする要領で陰茎を握ることで刺激を与えて刺激に対する体制を高めるトレーニングを行っています。
最初は気持ちが良すぎてすぐに射精をしてしまっていましたが、徐々に手から伝わってくる刺激にも慣れてきて、早漏の改善にも効果を高めることが出来るようになりました。
どんな人にもコンプレックスがあると言われています。
私の場合は男性の小ささが一番の引け目なのです。中学校の修学旅行でお風呂に入ったとき、クラスメートからさんざんにからかわれたほどです。
そのときはさほど気にしなかったのですが、大人になり女性と付き合うようになって深い交際になった途端、去られてしまうという事態が連続しました。いずれも私のものが短小であったからです。
そこで発奮し、チントレに取り組むようになりました。
ローションを塗るというのはもちろん、自分の指をフルに使って大きくなるようにトレーニングを重ねました。おかげで半年後には平均並みの大きさまで成長したと思っています。

ペニスを大きくする方法

ペニスを大きくする方法@ペニス増大サプリ比較