シトルリンの役割・シトルリンの効果

シトルリン シトルリンとは

シトルリンとは?

シトルリンをご存知ですか。

シトルリとはアミノ酸の一種です。

精力増強・疲労回復の効果

様々な体の器官に効果があり、副作用もなく筋肉の増強や精力の増強、また疲労回復の効果が期待できます。

もともと海外ではよくスポーツ選手の中で使われていたものですが、日本でもその効果に注目が集まり健康食品として今では有名になりました。

シトルリンは血管を強くしなやかにする効果も期待できます。

アンチエイジング効

健康にとても貢献し、アンチエイジング効果もあります。

シトルリンはスイカに多く含まれています。

スイカは水分が成分のほとんどだと考えていたのですが、疲労回復などの効果があることで夏場にスイカを食べることが利にかなっているのだということがわかります。

私がこのシトルリンを摂取するようになって半年がたちますが、最初に効果を感じたのが寝起きの体のだるさがなくなったことです。

今までは、前日の仕事の疲れが次の日にも取れることなく仕事をしていましたが、寝て起きての回復がとても早いので、毎日快調で仕事をすることができています。

また、私の場合便秘が改善されました。色々な便秘薬を試しましたが、効果がいまひとつ実感できませんでしたが、このトルリンを摂取することですぐに便秘改善の効果を実感できました。

まずははじめにこちらの記事を読んでほしい。
↓↓↓↓↓↓
シトルリン摂取でペニスを大きくする方法

シトルリンの効果

シトルリンの効果について

シトルリンというと精力剤としての効果がクローズアップされがちですが、健康面での効果もあることが認識され始めています。

というのもシトルリンは服用してから血流量が多くなるからです。

脳梗塞

そのひとつが脳梗塞に対する予防ですね。

脳は体の機能の全てのコントロールを司る所です。

よって、脳には常に新鮮な血液が供給されないといけません。

しかし、脳に行き渡る血管はとても細いので、老齢化していくと詰やすくなり、脳梗塞になりやすくなります。

シトルリンを飲んでいると血液の流れが活発になるため詰まりがが起こりにくく脳梗塞の防止にもなるわけです。

ボケ防止

また、新鮮な酸素を含んだ血液が頭の中を巡っていくということは、ボケ防止にもなります。

また、血液の流れが活発になればなるほど、体内の老内物を多く吐き出してくれます。

一方で乳酸を低くする効果も現れています。

乳酸が貯まっていくと疲れが貯まっていくことになるので、運動や仕事の後の疲労回復にも役立っていきます。

このような効果がシトルリンにはあるので、肉体疲労に対する回復剤といった側面と脳における病気や障害に対する防止の目的で使われ始めています。

今ではサプリメントとしても販売されているので手軽に購入できるところが嬉しいです。